目的別悩み解決

司法書士について

司法書士とはどのような資格ですか?

司法書士とは、「司法書士法」に基づく国家資格です。

【司法書士法第1条(目的)】
この法律は、司法書士の制度を定め、その業務の適正を図ることにより、登記、供託及び訴訟等に関する手続きの適正かつ円滑な実施に資し、もって国民の権利の保護に寄与することを目的とする。

司法書士は、他人の依頼を受けて、主に次のような業務を行います。
不動産の登記 会社・法人の登記 成年後見 供託 簡易裁判所における訴訟等の代理(認定司法書士)

身近なくらしの法律家として、皆様のお困りごとを解決します。
 
その他関連記事
司法書士と行政書士、弁護士の違いは何ですか?

司法書士と行政書士、弁護士の違いは何ですか? 司法書士 法務局・裁判所・検察庁等に提出する...

司法書士事務所選びのポイントを教えてください。

司法書士事務所選びのポイントを教えてください。 相談内容に合わせて、司法書士を選ぶ。 ...